医療脱毛と呼ばれる脱毛は

脱毛の施術の中には、医療脱毛と呼ばれるものがあります。

これは、電気針を使って行うニードル脱毛と、医療用レーザーを使って行う医療レーザー脱毛の2種類です。これらの脱毛法は、医療行為にあたる為、美容系のクリニック等の医療機関でしか行う事が出来ません。

脱毛といえば、エステや脱毛サロンが人気ですが、エステや脱毛サロンは医療機関ではない為、医療行為にあたる脱毛法は行えず、医療用レーザーよりも出力が低い光を使った脱毛法が主流になっています。光を使った脱毛法でもムダ毛が生えてこない肌へと変えていく事が出来ますが、医療用レーザーを使った脱毛法に比べると、多くの回数の施術が必要になり、綺麗な肌に変わるまでの期間も長くなります。

ですから、効果が高い施術を受けたい、早く綺麗な肌に変わる施術を受けたいと考えた場合、医療脱毛がおすすめです。医療脱毛の中でも、現在主流となっているのが、医療レーザー脱毛ですが、早く綺麗な肌に変わるといっても、6回程度の施術は必要になってきます。これは、施術が成長期の毛に対してしか効果がない為で、毛周期に合わせて何度も施術を繰り返す事で、より多くの毛穴に施術を行わなければ、毛が生えてこない肌には変わらない為です。

ですから、効果の高い医療レーザー脱毛であっても、2ヶ月から3ヶ月に1回程度の施術を6回程度は繰り返していく必要があります。その為、脱毛を始めたいと考えたら、1年以上の期間が必要と考えておく事が大切です。
銀座クリニックで医療脱毛をするならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *