医療脱毛のデメリット

きれいな肌になりたい人に選ばれている医療脱毛は、美容皮膚科や美容外科、脱毛専門クリニックなどの医療機関で受けることができる脱毛で、脱毛効果が高く、脱毛完了までの期間も短いことから、人気があります。

医療脱毛は、ムダ毛の毛根にある黒い色のメラニン色素と反応して熱に変化する性質の特殊なレーザーを使って、ムダ毛の毛根や毛根付近にある毛を作る働きがある細胞を破壊することができるため、永久脱毛をすることができることが特徴です。

毛は、一斉に生えているわけではなく、生えている毛と休んでいる毛があるので、何度か施術を受けて、休んでいる毛が成長してきてから照射する必要がありますが、毛根を破壊された毛穴からは毛が生えてくることがなくなるため、回数を重ねるごとにムダ毛が薄くなることを実感でき、5回前後の照射で脱毛が終わり、ムダ毛のないつるつるの肌になることができます。

医療脱毛は、黒い色だけに反応するレーザーを使うため、毛根以外の肌の部分に悪影響がなく、肌や体へのデメリットはありません。一回当たりの料金が高い傾向があることをデメリットと考える人もいますが、回数が少なく終了するため、費用の総額を比べると、一概に高いとは言えず、永久脱毛ができることからコストパフォーマンスが良いと考える人も多くなっています。

レーザーは、光のパワーが強いので、痛いという人もいますが、最近は高性能の脱毛器や冷却装置、麻酔クリームなど痛みを軽減する工夫が充実してきており、痛みを感じにくくなってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *