医療脱毛の期間中は制汗しよう

医療脱毛を安全に受けるためには、汗を抑えることが大切となります。

汗をかくと肌がベタベタして気持ち悪いですし、かゆくなることもあるでしょう。ワキ下や股間などは汗をかくと、すぐに不快な臭いが発生してきます。臭いが発生しやすい部位というのは、トラブルが起こりやすいのです。だからこそ汗を抑えておき、いつもサラサラに維持する必要があります。医療脱毛の期間中は肌ケアの方法について、医師や看護師からアドバイスを受けるはずです。

汗をかいた部位は、こまめに拭いてキレイにしておきましょう。放置しておくとベトベトしますし、塩分が溜まって肌が荒れてしまいます。夏に入浴をせずに寝てしまうと、汗疹が発生してしまうでしょう。それほど汗というのは肌に悪いので、特に脱毛期間中は制汗していく必要があります。ワキ下や股間にはアポクリン汗腺があり、特に荒れやすいので注意してください。

皮膚も薄いので普段から保湿して、乾燥による荒れを防いでいきましょう。入浴はぬるめの湯に浸かるようにして、熱いお風呂は避けてください。肌に刺激を与えてしまうので、少しぬるいと感じる程度でちょうどいいのです。カウンセリングでは生活習慣について聞かれるので、正直に答えてください。

岩盤浴をしている方は、中止するように言われることもあります。日焼けがひどい場合は時期をずらして処理する場合もあるなど、肌状態によっては脱毛ができないこともあります。肌ケアをしっかりと行うことは、医療脱毛を短期間で完了させることにつながるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *