なにがなんでも間に合わせたいときは医療脱毛

脱毛はエステも行ってますし、クリニックなどの医療機関も行っています。

この二つの大きな違いは、使用する光線の出力の違いです。クリニックはエステと違い、医療行為が可能です。光を使った脱毛は、発毛組織を熱で破壊する方法ですので、言い方を変えれば「意図的にやけどを負わせている」ということになります。照射する光の出力が大きければ大きいほど、このやけどのリスクは増大します。

医療行為ができないエステにおいては、このようなトラブルが起きた時の対応が遅れてしまう可能性がありますので、初めからやけどを負ってしまうような出力は扱ってはいけないということになったのです。「医療脱毛」という名で、しっかりと差別化した理由がそこにあります。出力が大きいとやけどのリスクは高まりますが、脱毛効果も大きくなります。医療脱毛であると、1回の施術で得られる効果が大きく、また回数自体も少なくて済みます。

例えば照射出力に上限のあるエステでの施術であれば、満足できる結果が得られなかった利用者は、何度も通うことで満足できる結果を得ようとするしかありません。医療脱毛の場合は、医師の判断のもとで出力を変えて施術を行うことで、満足度の高い施術を行うことも可能です。なにがなんでも自分が考えている時期に間に合わせたいと計画を立てている利用者の予定が、ずれ込みにくいといえるでしょう。計画通りに脱毛を完成させたいのであれば、医療脱毛がおすすめです。
銀座クリニックで医療脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *