硬毛化を恐れるなら医療脱毛がおすすめ

脱毛を行っていると、まれにではありますが、硬毛化してしまうことがあります。

脱毛を行っているにもかかわらず、太く硬く色が濃い毛が生えてきてしまうようになるのです。これが硬毛化ですが、実際になぜそのようなことが起こるのかわかっていません。また、どういうときに起こるのかもわからないのです。ただし経験則として、産毛のような細く柔らかく、色の薄い毛に、出力の小さな照射を続けた場合に、そういった現象が起こりやすいとは言われています。産毛などの脱毛を断るエステがあるのは、この硬毛化を恐れているともいえるでしょう。

エステは現在、やけどなどの肌トラブルが起きにくい小さな出力の照射しか許されていません。産毛の脱毛にはある程度の出力が必要ですし、硬毛化してしまった場合には、さらに出力を上げて処理することが求められます。エステの範囲では対応できない可能性があるのです。その点、医療脱毛であれば、出力に制限はありません。医師の判断によって選択します。

もし硬毛化を起こしたとしても、その後の対応が医療脱毛では可能なのです。またもし出力を上げたことによって、肌に負担がかかっても、医療行為による処置ができるのが医療脱毛です。肌トラブルを起こした時でも、医療行為で適正なケアができます。そういった面からみて、硬毛化してしまう可能性が高い産毛の脱毛についても、医療脱毛がおすすめということになります。ただし施術テクニックなどは医師個々にありますので、評判の良いクリニックを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *