医療脱毛でも脱毛できない毛はあるのか

今、一般的に言われている医療脱毛は、特殊な光を使った脱毛で、レーザー脱毛と呼ばれています。

このレーザー光は、黒色に反応し、集まります。その時点では光エネルギーなのですが、集まることで熱エネルギーに変換されます。この熱で発毛組織が破壊され、脱毛効果が得られるのです。肌と毛の色差がはっきりしていれば、肌そのものがやけどをするということはありません。ただし、もともとの肌色が濃すぎたり、日焼けをした肌であると色差が得られず、やけどを負ってしまうこともあります。そのように黒色に反応しますので、ほくろの部分が多い肌への照射は危険ですし、ほくろから生えている毛は避けるケースも出てきます。

またあまりに色が薄かったり細い毛は、レーザー光に反応しない可能性もあります。このような毛は、医療脱毛でも脱毛しきれないということになります。白髪も同様です。しかし完全に脱毛したいといった希望がある人が、白髪だけは脱毛できなかったというのでは、不満足を抱えてしまうこともあるでしょう。日光を使った医療脱毛でも脱毛できなかった毛に対しては、針脱毛と合わせるのが有効です。

針脱毛は光脱毛が開発されるまで、主流の脱毛方法でした。毛色や毛質、肌色を選ばずに施術可能です。ただしかなり高価になるのと、時間がかかるということで、手軽にできるものではありませんでした。施術をしている部位のほとんどをレーザーで脱毛し、白髪やほくろから生えている毛などの、レーザーで脱毛できなかった毛のみに針脱毛を施すのであれば、さほど時間もかかりませんし、金額も許容範囲になります。「併用する方法」はきれいな脱毛に、大変有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *