医療機関とエステのレーザー脱毛 違いはなに?

レーザー脱毛は脱毛効果が高いとして人気ですが、エステとクリニックなどの医療機関で行われるものがあります。

同じレーザー脱毛であっても、受ける場所によって効果が違うことはご存知でしょうか。レーザー脱毛はエステで行われるものもクリニックなどの医療機関で行われるものもどちらも原理は一緒で、ムダ毛のメラニン色素が光を吸収し、毛根を破壊することで除毛や脱毛を行うものです。どちらの場合でもムダ毛が成長期で生えている状態でなければレーザーの光を吸収することができないので、ムダ毛が生える前の休止期間になっているムダ毛の処理は行えません。

そのため、何度か通って処理を行って行かなければならない点では同じです。では何が違うのかと言えば、エステはレーザーの出力が弱く、医療機関のものはレーザーの出力が強いことです。当然レーザーの出力が強い医療機関で行われるものの方が脱毛効果が高くなり脱毛のために通う期間も短くなりますが、これは医療機関ではエステでは許可されていない出力のレーザーの強さでの脱毛が許可されているからです。

毛根を破壊することができるため一度処理を行うとほぼ再生されないため永久脱毛を行うことも可能です。医療機関の方が効果が高いならそっちが良いと思われるかもしれませんが、デメリットもあります。レーザーの出力が強いため肌をいためてしまう可能性が高いことと、エステで行われるレーザー脱毛よりも費用が高額になってしまいます。

銀座でしわ治療するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です