美容皮膚科と皮膚科との違い

一般的に、皮膚科は、保険で治せる範囲の疾患を治療しています。

一方、美容皮膚科は、病気というより美容的な要素が高い治療を扱っています。主に、美容による悩みやトラブル、コンプレックスを改善する為に、最先端の医療技術で治療していきます。その為、保険は適用されず、自費となり、受診する各医院により治療費が異なることが特徴です。しかしながら、皮膚科も美容皮膚科の双方ともに、医師が診断し、治療にあたる点においては同じです。

美容皮膚科では、治療方法の選択肢も豊富で、飲み薬、塗り薬、注射、ケミカルピーリング、レーザーなど多種多様です。お肌のトラブルに多いニキビに対して比べてみると、一般的な皮膚科では、ニキビの炎症を鎮め、毛穴のつまりを除く治療を行うので、飲み薬や塗り薬が主流となります。この時、保険内で処方が可能な薬や医療機器に限られますが、その分、治療費は安く済みます。一方、美容皮膚科では、電気や高周波治療といった最先端の医療技術や効果の高い薬を処方してくれます。

また、今、できているニキビの治療と同時進行に、ニキビ跡についてもアプローチするので、短期間で綺麗に直すことが出来ます。ですから、治療費を抑えたい方や一般的なニキビの治療には皮膚科を、繰り返し頻発しやすい治りにくいニキビがある方や、少々、治療費がかかっても、ニキビが出来にくい肌づくりにしたいなど、お肌の改善を目的としている方には、美容皮膚科の受診が望ましいでしょう。自分の目的やコストに合わせて選択することが大切です。

東京でレーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です