水漏れトラブル修理を業者に依頼した場合の相場

一般住宅で水漏れトラブルが起こり、修理の依頼が多いと言われているのは「トイレ」です。

トイレはタンクや給水管に排水管など、問題が起こりやすい部分が多く水漏れトラブルが発生しやすいので、修理の依頼も多い傾向にあります。もし、トイレの水漏れトラブルの修理業者に依頼した場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。金額は各業者によってはもちろん、状態は水が漏れている原因などによっても変わってきます。ただ、平均的な目安となる金額はあるので平均相場を事前に知っておけば、業者を選ぶ際の参考になるでしょう。

ボールタップの交換は約6000円から、オーバーフロー管や排水管に問題がある場合は約1万5000円からが相場のようです。便器自体に問題が起こっている場合は、約3万円以上の費用がかかるケースもあります。トイレ以外に水、の問題が出ることが多いと言われているのがキッチンです。毎日、使うということもありパッキンなどの部品が劣化しやすいため、どうしても問題が発生しやすいと言われています。

蛇口のパッキンを新しいものへと交換するだけであれば、約5000円ほどの金額が相場となるでしょう。場合によっては数千円程度で済むこともありますが、設備自体が壊れていたり劣化で問題が出ているという場合は、丸ごと蛇口や排水管などを取り換えなければいけません。このようなケースだと費用もアップしてしまうので、前もって見積もりを出してもらい「どこに・どのくらいの費用がかかるのか」をチェックしておくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *