水漏れトラブルとDIY修理

古い家でよく起こるトラブルの一つに水漏れがあります。

これはどれほど立派な家に住んでいようと同じです。水道の部品には消耗部品が多数使われており、時間が経過すれば必ず経年劣化を起こして交換が必要となります。自動車の定期点検の際に行うように、水漏れのような水道トラブルが発生する前に、その消耗部品を一通り交換してしまえば問題を避けることができるのでしょうが、数も多い上に耐久性にはばらつきがあるために現実的ではありません。

そのためトラブルが発生するごとに、対処していくことになります。水漏れ修理は、一度覚えると素人でもできる者が多いです。場所によっては、素人では修理画難しいこともあるのですが、キッチンや洗面所の水道程度であれば、工具と交換部品を用意して、DIYにトライしてみると良いでしょう。水漏れトラブルの原因で多いのは、パッキンと呼ばれる小さな消耗部品の経年劣化です。

それを交換さえすれば、水漏れは収まります。修理の流れは、まず水道の元栓を閉じます。これを忘れると修理中に水が噴き出してきますので要注意です。次に、水が漏れている箇所を分解します。その際にはレンチが必要です。一口にレンチといっても、一般的なモンキーレンチや適切な力加減ができるトルクレンチ、また水道専用の水栓レンチなどがあります。DIYの場合は、一般的なモンキーレンチでも十分対処可能です。分解後は、劣化したパッキンを新しいものに交換し、再び元に戻せば終了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *