蛇口からの水漏れトラブルの修理方法

水漏れトラブルの中で毎日使うキッチンは確率が高い場所の一つです。

キッチンのトラブルといえば蛇口になりますが、その原因は部品の老朽化によるものがほとんどです。部品の寿命は約10年といわれているので、家を建てたり蛇口を交換してから10年以上経過している場合は、トラブルが起こる可能性が非常に高いので注意が必要です。蛇口の修理はその構造と必要な交換部品が分かれば、自分でも行うことができます。家庭用の蛇口のタイプは、主にシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓の2種類になります。シングルレバー混合水栓は、ハンドルが一つだけのシンプルなタイプで、新築の家や蛇口を新しくした家庭で多く使われています。

シングルレバー混合水栓の水漏れの原因となる部品は、バルブカートリッジと呼ばれる水の量や温度を調節してくれるものです。シングルレバー混合水栓タイプの蛇口からの水漏れは、このバルブカートリッジを交換することで修理ができます。バルブカートリッジは、ホームセンターやインターネット通販などで簡単に購入することができます。ハンドル混合水栓は、古い住宅に多い蛇口のタイプになります。一般的に冷たい水と温かいお湯の2種類のハンドルに分かれています。

ハンドル混合水栓の蛇口からの水漏れの原因は、ハンドルに取り付けられたパッキンが古くなっていることが多いです。このパッキンを交換することでトラブルが解決します。パッキンはホームセンターで購入でき、バルブカートリッジよりも購入費用が安く、交換作業も簡単です。水漏れトラブルは、予期せぬ時に突然起こる場合がほとんどで、水道会社に依頼すると思ったよりも高額になる場合が多いようです。そのため、あらかじめ自宅にある蛇口タイプの交換部品を用意しておいたり、修理方法を調べておくといざという時に安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *