キッチンの水漏れトラブルを修理するには

キッチンで水漏れの原因となる「排水ホース」のトラブルは、場合によっては自分で修理することも可能です。

排水ホースはシンクの下にある収納にあります。普段、あまり目にすることが無い場所なので、気にしていない人が多いのではないでしょうか。ただ、排水ホースは消耗品なので経年劣化によって、水が漏れてしまうケースも少なくありません。水が漏れていることに気が付かず、そのままキッチンを使っていると気が付いた時にはシンク下が水浸しというケースもあるようです。排水ホースの水漏れトラブルを修理するには、まず原因をチェックする必要があります。

まずは、排水ホースの接続部のゆるみが無いか確認してみましょう。排水ホースは排水口と直接つながっている部分です。この部分にゆるみがあると、水が漏れる原因となります。排水ホースはゴムパッキンがナットやボルトによって固定されているので、ゆるんでいたら締めなおしてみましょう。排水ホースから水が漏れる原因として、最も多いと言われているのがゴムパッキンの劣化です。

ナットやボルトにゆるみがないにも関わらず、水が滴ってくるという場合はゴムパッキンを新しいものに交換することで、水漏れトラブルを修理できるかもしれません。排水ホース自体に穴が開いているケースもあります。もし、穴が開いていたら小さいものであれば、ビニールテープを巻いて応急措置することも可能です。経年劣化による穴であれば、新しいものへと交換しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *