トイレの水漏れトラブルを修理するには

トイレは家の水回りでも利用頻度が高いため、何かとトラブルが発生しやすいゾーンとして知られます。

特に水漏れについては、幅広く様々な症状が報告されています。例えば便器に水がいつまでもチョロチョロ流れ続けるケース。一見して大した症状に思えなくても、そのまま放置しておくと、便器本体や排水設備を傷めることがあります。原因としては、タンク内のフロートバルブの異常が推測されます。この部品でタンクから便器への排水調整を行うため、排水弁から外れていたり、経年劣化で破損していると、便器へ水が漏れ続けることになります。同じくタンク内の部品を原因とするトラブルとしては、ボールタップがあります。

これは給水管からタンクへの給水を調整する部品。ここが経年劣化などで故障すると、タンクへの給水が止まらなくなり、タンク内から水漏れする音が聞こえるようになります。消耗品である部品の修理にあたっては、交換が中心になると言ってよいでしょう。素人の方でも不可能ではありませんが、的確かつスムーズな修理を求めるなら、地域で信頼できる工務店などに依頼する方が無難です。便器の詰まりでも、水漏れトラブルは発生します。

水を流したら突然逆流してあふれ出した、便器と床の間から水がにじみ出るなど、様々な症状が現れます。便器詰まりの原因で目立つのが、トイレットペーパーの過剰な使用です。水溶性の紙類であっても、使いすぎれば溶け残るため、排水口付近で詰まりを引き起こします。このケースでの修理では、市販のラバーカップ等を使って解消できることもあります。しかし深刻な詰まりや、原因そのものが判明しないなら、速やかに地域の工務店などへ連絡するべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *