温水洗浄便座トイレの水漏れトラブルを自分で修理

現在、一般住宅のトイレは約70%が温水洗浄便座と言われています。

一般住宅の水回りでトラブルが起こりやすいトイレの水漏れ、温水洗浄便座の場合は自分で修理することができるのでしょうか。温水洗浄便座から水漏れしているという場合、トラブルの箇所によっては自分で修理することも可能のようです。温水洗浄便座の水が漏れる原因としては、ノズルに原因があるケースと、操作ボタンの下や便座下に問題があるケースが挙げられます。まずは、水の流れを止める必要があるので止水栓を閉めましょう。

止水栓を閉めた後は電気プラグを外します。電気プラグをさしたたままだと、感電するリスクもあるので注意が必要です。温水洗浄便座のノズルから水が流れ続け、リモコンボタンを押しても止まらないという場合、まずは電池を交換してみましょう。壁などにリモコンが設置されているタイプだと、リモコンの電池が切れて水が止まらなくなるケースがあるようです。電池を交換するだけなので簡単ですので、このような状況であれば試してみる価値はあります。

リモコンの電池を交換しても問題が解決しない場合、ノズル内部の弁部分にゴミなど絡んで故障していることが原因になるケースもあります。またノズル自体を自分で交換することも可能です。新しいノズルはホームセンター、やインターネットで購入できます。このように自分で修理することもできるトイレの水漏れトラブルですが、温水洗浄便座は部品が細かく複雑な作りをしているので、もし難しいと感じたら専門業者に相談することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *