水漏れトラブルをセルフで修理するときのポイント

水を使っている場所なら、どこでも経年劣化するため、古くなってくると水漏れのトラブルが突然起きることがあります。

蛇口からぽたぽたと水が滴ってくるというよくある水漏れから、水道管から水がしみてくる、蛇口の付け根やねじの部分から水が流れてくる、トイレの水が止まらないなどのトラブルまで色々な水漏れの種類があります。水漏れのトラブルは、放置してしまうと被害が広がり、周辺が濡れてしまったり、においやシミが取れなくなってしまうこともありますし、大量の水が染み込んでしまい床や壁などに腐食やカビを招いてしまうこともあるので早目の修理が必要です。

水漏れのトラブルが起きた時に、費用を安くしたいという場合には原因を見極めることが大切です。蛇口からぽたぽたと水が落ちてくる場合は、パッキンの劣化が多いのでパッキン交換をすることで自分で修理をすることができます。パッキン交換をしても水滴が止まらない、状況が悪化してくるという場合は他の部分の部品交換が必要なため、業者に依頼するという見極めをしましょう。

トイレの場合にも、セルフで修理できることがあります。タンク内の水が、便器に少しずつ流れて止まらないという場合です。フロートやタンクの底にある栓の位置がずれていることがあるので、フロートや栓の位置を元に戻したり、チェーンの絡まりをなおしたりすることで修理できる場合も多いためまずはタンクの蓋を開けて確認すると良いでしょう。原因が分からない場合には、専門業者に早めに点検や修理を依頼することが、ポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *