京都の蛇口水漏れの原因と修理方法

京都は歴史的な建造物が多く、観光客が全世界から集まってくる街です。

大阪にも近く、一度住んでみたいと思っている人も多いようです。古くから独特な文化やしきたりがあり、慣れるまで時間がかかると言われることもありますが、新しいマンションなどでは、そのような古いしきたりもほとんど気にすることはないでしょう。京都の住まいトラブルで多いのは、蛇口の水漏れです。これは京都に限ったことではありませんが、消耗部品が多く使用されており、10年程度で寿命を迎えることが多いです。

もし蛇口の水漏れトラブルが発生した場合は、速やかに対応する必要があります。通常はポタポタとしずくが垂れてくるような程度なので慌てる必要はありませんが、しかし自然に止まることはありませんからできるだけ早く修理しなければならないでしょう。蛇口からの水漏れの原因で多いのは、ゴムパッキンの劣化(寿命)です。

ナットが取り付けられている部分にパッキンが使われていますが、蛇口から一番近い部分のパッキングが問題となっていることが考えられますが、他のパッキングも寿命が近いことが考えられるので、合わせて交換してしまうのが得策です。パッキンは2つ入りで100円程度です。ナットを外す際には、止水栓をしっかり止める必要があります。そうしないと水が噴き出してきますので要注意です。またナットを外す工具としてレンチが必要です。なおデザイン性の高い蛇口は構造が複雑なものが多く、分解が難しい場合が多いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *