排水処理では、処理方法が排水基準によって異なっています。川や海だけではなく、下水に流すことを前提にしています。しかし、それらを実際に流す際には、浄化などをする必要性が考えられます。特に、廃水はさまざまな有害物資値が混じっている可能性があり、川などの自然界に流すことは、生態系を不安定にする恐れがあります。

それだけではなく、人体に対しても有害物質が流れてくる可能性を否定できません。排水基準については、水質汚濁防止法第3条第1項に含まれている排水基準を定める省令などが関係しています。「水質汚濁防止法排水基準」は各自治体で決められており、それらの指示に従う必要があります。排水自体は、浄水場で綺麗にされるが、水処理プラントと表現されることもあるでしょう。

排水処理では、薬品を使って化学的に浄化する方法である、物理化学的方法があります。例えば、排水処理の前の有害物質としては、重金属やシアン化合物などがありますが、それらを濾過することで除去する方法が考えられます。薬品を使用して汚れを吸着させることで排水をすることもできます。その他には、微生物を使用して、その代謝反応を利用した浄化も存在します。

その場合は活性汚泥法や生物膜法などを採用します。酸素を使って呼吸をする「好気性細菌群」と酸素が足りない際に、代わりの物質で呼吸する「通性嫌気性細菌群」などの細菌が浄化に関わります。また、これらをまとめて生物学的方法と呼んでいます。