脱臭装置は名前の通り気になるニオイを取り除くもので、パッシブではなくアクティブに取り除くタイプのものを指します。屋内の空気を循環したり、排気に脱臭装置を使用することで、鼻につく臭気を気にならない程度にすることができます。ただ、種類や風量によって取り除けるニオイ、臭気の程度に違いがあるのも確かなので、必ず目的に合致するか確認してから選定や採用を行うことが肝心です。活性炭でニオイを吸着する脱臭装置は一般的で、市販の空気清浄機にも採用されている、多孔質の活性炭で物質を物理的に捕集する仕組みです。

似たようなものにゼオライトがあって、こちらも吸着してニオイを取り除く基本的な仕組みは同じですし、空気中の水分も吸着しやすいので蒸気混じりのニオイに強いです。脱臭装置には吸着以外にも、電気的に集塵して捉えて逃さないようにしたり、光触媒でニオイの物質を分解するものもあります。光触媒は酸化チタンなど、光に反応して酸化力を発揮する物質のことで、化学物質なども強力に分解することで知られます。オゾンを使った脱臭装置は、空間に酸化力を発揮することでニオイの成分に作用して、分解を行い無臭化するのが特徴です。

光触媒と違って光を必要としませんし、光が当たらない暗い場所でも使えるのが強みなので、使用する場所によって使い分けられます。しかし、オゾンは酸化力が強くてあらゆるものを酸化させますし、濃度が上がると人体にも影響が出てきますから、濃度を考えて安全に使用することが大切です。