セキュリティの意識を

今やどこから機密が漏れるかわからない時代。データの取扱いはもちろんですが、紙媒体での文書そのものもやはりしっかり扱わなくては何が起こるかわかりません。
最近ではインターネットからの流出などには非常に警戒している企業が多いものの、アナログなセキュリティは些か意識が欠けているところもあり、処理の仕方は一考してみるべきだと言えるでしょう。

文書の処理の仕方があまりにずさんだと、ゴミの中から機密がうっかり漏れてしまう、ということもあり得るのです。随分手口が古いな…なんて思うかもしれませんが、意識する人が少なくなったからこそ、こういった経路で秘密が漏れてしまうのです。
特に個人情報などを取り扱うことが多い企業などは、今一度改めて文書の処理の仕方は適切なのかどうか、機密を守れているのかどうか、しっかり流れを追ってみて欲しいと思います。
もしもそこで文書の処理の仕方に不安がある、となった場合は、機密を徹底的に処理してくれる専門業者などを利用するなどして、よりセキュリティを高めて行くことをおすすめします。
ついつい見落としがちですが、侮れない部分と言っても過言ではないので、よくよく見直す機会を持ってみましょう。

OUT LINK

Go to Top